コスト削減

旅館の在り方が変わってきています。どこも不景気で特に娯楽にお金をかけないという傾向が進んでいるため旅行業界は低迷しています。
特に観光関係の旅館やホテルは次々と経営破たんでつぶれてしまっています。そんな中生き残るために、色々な対策が取られている旅館やホテルがあります。

今まで旅館やホテルでのサービスの一部をカットしてコストを下げ、低価格でお客様に提供するという傾向があります。
例えば、旅館では夕食の後で布団敷きの係りの人が布団を敷きに来るというのが通常おサービスでしたが、チェックインの時にはすでに布団が敷いてあるという状態で迎え入れるという風に変化しています。
布団敷きの人の賃金を抑え、会社としてはかなりのコスト削減になります。

また料理もバイキングスタイルにすることで、調理者の人数を減らしたり、原価を抑えられたりするというのです。
このように経営者も知恵を絞り、利益を出していくことで、私たちはサービスを受けることができます。無駄のないように経営して、経済を活性化していってほしいです。

Comments are closed.